utilize

空き家活用

空き家活用

空家を大きな資産として有効活用!
これまでは空家をそのまま放置にしていても固定資産税の減税措置によって、少なからずメリットがありました。
たとえ空家であっても家が建っているとその土地の固定資産税は6分の1で済んでいたため、わざわざお金を掛けて取り壊して税金が増えるなら、このまま放置しておいた方が得と考えられてきたからです。
しかし平成27年「空家対策特別措置法」が制定された今、状況が変わり始めています。

空き家の適切な管理が行われておらず、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼす「特定空家等」として判断されると「固定資産税等の住宅用地特例※」の対象から除外されることが平成27年度税制改正の大綱に明記されました。
※住宅などの敷地として利用されている土地は、固定資産税が課税標準額の1/6~1/3、都市計画税が1/3~2/3に軽減される措置。

自治体が危険と判断した空家について、空家の管理が不十分な場合、思わぬ負担を求められます。法改正された今、もし所有する空家が「特定空家」に該当した場合、固定資産税が最大6倍になります

「親から相続した」「転勤が決まった」など、家を持て余して空き家にしてしまうのは、維持費がかかるだけです。
将来にわたって価値を生む空家の活用方法を考えてみませんか?
お金ばかりかかる眠っている「負」動産を有効活用することで、価値を生む資産へと大きく変える、私たち渋沢テクノ建設がお手伝いさせていただきます。

住む

空き家に住む
詳細を見る

住む

空き家を売る
詳細を見る

住む

空き家を貸す
詳細を見る
空き家活用トップ
ページトップ
Copyright© SHIBUSAWA TECNO BUILD Co., Ltd.